ナカレ.

ググっても見つかりにくかった歌詞を少しだけWEBに残すブログ

タグ:1997年

[歌詞] カーネーション - New Morning
[歌詞] カーネーション - A Dream Goes On Forever
[歌詞] カーネーション - No Goodbye
[歌詞] キリンジ - 水色のアジサイの上 
[歌詞] キリンジ - 休日ダイヤ



カーネーション(CARNATION) - New Morning
作詞・作曲:直枝政太郎


こわれかけた空の雲は おかまいなしに逃げてった 
言葉は荒れ果ててきみに 心のすべてをうちあけられずにいた 

ずっとここにいる 
なにも気にしてないよなフリをして 
ずっとここにいる 
おれはなんだかこわくてふるえてたんだ 

夢のかけらをひろいあつめて 
胸にしずめよう 静かに時を数えて 
声が枯れても きみのためなら 
歌いつづけられる 明日も風を抱きしめて 

国道ぞいのボーリング場で なにやら工事がはじまった 
ねぇ おれの部品はどこに転がっているのかな 

ずっとここにいる 
ひとりじゃなんいもできないくせに 
ずっとここにいる 
だから吠えることを覚えたのさ 

もういちどだけ愛を信じて 
この手の中でおきあがれ 
忘れないように おれを見つめて 
それはきみとの新しい夜明けだから 

One More Time 

ずっとここにいる 
なにも気にしてないよなフリをして 
ずっとここにいる 
だから吠えることを覚えたのさ 

夢のかけらをひろいあつめて 
胸にしずめよう 静かに時を数えて 
声が枯れても きみのためなら 
歌いつづけられる 明日も 

New Morning 
New Morning 

 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

カーネーション - A Dream Goes On Forever 
作詞・作曲: Todd Rundgren 日本語詞: 直枝政太郎 


声のない悲しみ 
いくつものりこえ 
どこまでゆくのだろう 
駆けだしたふたり 

からっぽの愛と夢 
きみの住む町で 
もういちど曇った空 
見上げて歩いた 

誰のために歌うのか 
ひびわれた憂鬱 
新しい夜明けを待つ 
のら犬のように 

You're So Long Ago and So Far Away 
夢は果てしない 
なつかしい思いは ほら 
うらぎりはしない 

You're So Far Away and So Long Ago 
夢は果てしない 
雨よ降れいますぐに 
ぼくたちの世界に 
雨よ降れいますぐに 
ぼくたちの場所に 
 

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

カーネーション (CARNATION) - No Goodbye  
作詞・作曲: 直枝政太郎


Tell me why ぼくの目をみて 
Hold me tight むかしのようにね 
ちょっと笑ってほしいだけさ 
このままきみの手をはなせば恋は終わるんだね 
元気だしてBaby 

どうしてさよならをするのか 
どうしてこんなにつらいのか 
わからないことばかりだよ 
あせるほど何もみつからないけど 

No Goodbye 

Close your eyes おぼえているだろ 
Sleep in my arms 世界一の朝 
そんな二人がいた頃のこと 
小説を読むようにこれからぼくら生きてゆくの? 
ねぇ どうなのさBaby 

どうしてさよならをするのか 
どうして胸が燃えてるのか 
なさけないことばかりだよ 
きみに何もしてやれなかったんだけど 

No Goodbye 

どうしてこんなに悲しいのか 
どうして言葉にできないのか 
そうだよ もういいのさ 
もうわすれてもいい頃 

どうしてさよならをするのか 
どうしてこんなにつらいのか 
どうしてさよならをするのか 
どうして胸が燃えてるのか 
わからないことばかりだよ 
あせるほど何もみつからないけど 

No Goodbye 

愛してるよ Baby


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

キリンジ - 水色のアジサイの上 
作詞:  堀込泰行 作曲:  堀込泰行



退屈な午後 
悔し紛れにもう一度日捲りカレンダーを裂く 
会話も途切れて 
沸きだしたお湯の音に耳を傾ける君を 

そっと抱いて 
魔法瓶沸いてる 

雨つたい落ちるガラス窓 

薄皮色の雲が塗りつぶした空のした 
街は眩しい世界 
「ひなびた僕らのシャンゼリゼ…?」 
及び腰なふりで君を見れば 

そっぽ向いて 
「ぽっ」と咲いてる 

雨唄い踊るカタツムリ 

『味気ない音楽は僕らをやたらと放っておく』 

絵の具のチューブを好きなだけ 
おや指の腹で圧し出したような 
カエルは手のひら跳ね回る 
待っていた重さだ憂鬱も捌ける 

飛んで返って 
気取って鳴いてる 

雨唄い落ちるガラス窓 
雨伝い逢瀬へとカタツムリは踊る 
水色のアジサイの上 



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

キリンジ - 休日ダイヤ 
作詞・作曲: 堀込高樹 

横切るカブリオレは空の色 
カリフラワーのみどり児は僕の街 

光の堰切って路面を浸す 
虹のようなものに体をあずけ 

君と休日ダイヤで流す車窓から世界を眺めてみれば 
「僕らはもうヨソ者じゃない!」そんなふうに思ったりするよ 

たなびく光化学のナプキン 
浅い笑窪に溜まりかねた音楽 

ハートが滲んで小さな業を孕む 
夢の微塵が舞う リンゴを噛じる 

君と休日ダイヤで流す車窓から世界を眺めてみれば 
「僕らはもうヨソ者じゃない!」そんなふうに思ったりするよ 
ささくれてる指で日中に手遊びをした二人なら 
明け暮れには露を結ぶだろう そんなふうに思ったりするよ 

光の堰切って路面を浸す 
虹のようなものに体をあずけ 

君と休日ダイヤで流す車窓から世界を眺めてみれば 
「僕らはもうヨソ者じゃない!」そんなふうに思ったりするよ 
ささくれてる指で日中に手遊びをした二人なら 
明け暮れには露を結ぶだろう そんなふうに思ったりするよ 

凪いだガスの中 
「希望の澱に湧く虫達のような声色には耳を貸すものか!」
そんなふうに思ったりするよ 

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック