ナカレ.

ググっても見つかりにくかった歌詞を少しだけWEBに残すブログ

タグ:ランプ

[歌詞] Lamp - ひろがるなみだ
[歌詞] Lamp - 昼下がりの情事
[歌詞] Lamp - 青い海岸線から
[歌詞] Lamp - 最終列車は25時
[歌詞] Lamp - 八月の詩情



Lamp - ひろがるなみだ 
作詞・作曲: 永井祐介 


誰かの想いが立ち昇る にわか雨が街を濡らし始めた 夕暮れ時 
傘を持たない女の子 その黒髪濡らしどこへ行く 橋の向こう 

バスが遠い街へ 走り去れば 

今夜 どこへ行こうか 沈む街 何もないけど 
今夜 どこへ行こうか 人波は交差して 

季節の終わり 空にひろがるなみだ 

窓際の席に座り込んで 僕は何に想いを馳せよう ひとりきり 
にごったままさお茶の水 でもそのまま喉に流しこもう ガラス越し 

やみそうもないね 今日の雨は 

今夜 僕の部屋に来ないかい 何もないけど 
今夜 僕の部屋に来ないかい あぁ遠い灯よ 

季節の終わり 歩道にひろがるはなびら 


季節の終わり  そして ひろがるはなびら 

季節の終わり そして ひろがるなみだ 


 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Lamp - 昼下がりの情事  
作詞: 榊原香保里・染谷大陽 作曲: 染谷大陽 


古い時計の針が正午を過ぎる頃風は街をはなれ 
紅い花の影が零れ落ちた通りを二人は歩いていた 
浮かぶ陽炎いつか見た夢のように夏がきみとぼくを留めた 

恋の予感のする季節きみと出逢った 
二人だけに通じるテレパシーのような 
甘く色づいた風がこの路地を抜けると 
青鈍色の街の空も夏を奏でる 

氷珈琲の中へ会話が落ちていく混ざるミルクの色 
グラスの向こうでにじんだ恋人古いフィルムのようね 
日傘の下にきみを残してぼくは行くんだ遠いあの街まで 

恋の予感のする季節きみと出逢った 
二人だけに通じるテレパシーのような 
甘く色づいた風がこの路地を抜けると 

三十六度のぼくの体温 
真夏のようなあつさできみに触れた  

 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Lamp - 青い海岸線から  
作詞・作曲: 染谷大陽 


君を連れ出す静かな夜の 
甘いラブソング溶け出しそうな 

バックミラーの遠のく街に 
零れた涙をそっと隠すように拭って 

この夜がずっと続いたら二人は戻らない 
真夏の空に解き放たれた 
月と星の光が今君に降り注ぐ 

真夜中のハイウェイに流れるヘッドライトが 
夏を切り裂くように海岸線から空へと続く 

ずっと遠くまで続く夜に 
誘うよ君を気分はもうアーベイン 

青く沈んだ心は今にも 
あなたの左手に触れてしまいそうだから 

きっとあの時出逢ったことは君とぼくとの偶然 
揺らめく夏の中で君と過ごした 
冷えた渚の風は僕の手をすり抜けた 

真夜中のハイウェイに流れるヘッドライトが 
夏を切り裂くように海岸線から空へと続く 



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Lamp - 最終列車は25時 
作詞・作曲: 染谷大陽


寒空の下 暗がりの街 君と僕と二人は ただ歩いた 
言いかけた言葉 夜空に消える ため息ばかりの君を映す窓ガラス 

冷えた君の白い手を僕のポケットにしまいこむ 
澄み切った冬の空から降りてくる微睡 

パノラマ街の中にすべりこみ ネオンライトが消えてく 

最終列車がプラットホームから遠ざかってゆく 
二人を残して 夜を沈める警笛が鳴り響いた 
手をつないで星空を見上げれば 君と二人きりの夜間飛行 

25時に訪れた静寂の中で 君と僕と二人は佇んでいた 
白い吐息の 寒そうな君 薄明かりの蛍光灯 影を落とす 

見上げた君の視線の先に流星が瞬けば 
モノクロの小さな夜の街並みを見つけられる 

パノラマ街の中を抜け出し テールライトが翳むよ 

最終列車がプラットホームから遠ざかってゆく 
二人を残して 夜を沈める警笛が鳴り響いた 
手をつないで星空を見上げれば 君と二人きりの夜間飛行 

最終列車がプラットホームから見えなくなるまで 
この夜の向こうまで 走り去っていく 
二人は寒空の下 

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Lamp - 八月の詩情 
作詞・作曲: 永井佑介 

白く浮かぶプラットホームに降り立つ足音 
伽藍とした改札通り抜けたら 空は崩れた 

焼けつく日差しにやられて かげろうが踊る 
交わした約束も 八月の目眩に忘れてしまう 

愛のささやきさえ 可笑しく響いた真昼の静けさ 
夏の日 気が遠くなる程の 

サマー サマードリーム 
僕らのすぐそばに まだ若い僕らの 

動かない雲に寄り添う 坂の向こう側 
思いがけない風景に 遠のく日々が鈍く霞んだ 

夢の中の君の言葉はとても優しかった 
こぼれ落ちた涙も なくした情熱も 記憶にとめて 

温い雨が 辺りを優しく叩いたら 
終わりの季節が揺らめいていた 

まだ砂浜には 赤いパラソルがあるのに 

サマー サマードリーム 
僕らのすぐそばに 
まだ若い僕らの

 

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック